ホーム > 女ごころの発達臨床心理学

女ごころの発達臨床心理学

オトコは知らない、オンナは気づかない 人間関係のホンネを探る女性学

女ごころの発達臨床心理学

著者の40年以上の臨床経験をもとに、現代女性の心がどのように発達しているのかを様々な側面から解明。

著者 長尾 博
ジャンル 心理 > 臨床心理
教科書 > 参考図書 > 心理
出版年月日 2016/05/20
ISBN 9784571240591
判型・ページ数 A5・120ページ
定価 本体1,800円+税
 

目次

1章 女性とは
 1節 学術的視点からみた女性の特徴
  1 生物学的視点
  2 社会学的視点
  3 心理学的視点
 2節 性差の心理学
2章 女性の発達心理学
 1節 乳児期(babyhood)
 2節 幼児期(infancy)
 3節 学童期(childhood)
 4節 青年期(adolescence)
  1 思春期の特徴
  2 女性性(女らしさ)の発達と性同一性障害
  3 母性の成熟
  4 親からの自立
  5 アイデンティティの確立
  6 対人・人間関係
 5節 成人期(adulthood)
  1 就職
  2 結婚・離婚
  3 育児・虐待
  4 仕事と家事
 6節 中年期(middle age)
  1 中年期の危機
  2 夫婦のコミュニケーション
 7節 老年期(senescence)
  1 孤独
  2 介護・ケアと人生満足度
3章 女性の心の臨床
 1節 女性の心の問題の特徴
 2節 摂食障害
 3節 うつ状態・うつ病
 4節 解離
 5節 リストカット
 6節 過呼吸
 7節 性非行
 8節 ケースからわかる青年期女子の心

〈研究テーマ一覧〉
1 エディプス・エレクトラコンプレックスは潜在しているか
2 意識水準と無意識水準からみた女性同一性形成の発達
3 意識水準と無意識水準からみた母性の発達
4 親からの自立についての発達
5 依存性と甘えの発達
6 羞恥心の性差と学年差
7 思春期の第二次反抗期と自我の強さとの関係
8 山あらしジレンマの性差と学年差
9 攻撃性と怒りの性差と学年差
10 母親イメージと育児不安の強さ
11 ペニス羨望と成人女性の2つの生き方との関連
12 青年期女子の対人関係の変化
13 女子はなぜやせたいのか
14 女子はグループからはぐれるとうつ状態になりやすいか
15 親からの自立の葛藤が解離を生じさせるか
16 リストカットは癖になるのか
17 目立ちたい女子は過呼吸を示すか

[著者略歴]※初版刊行時のものです
長尾 博(ながお・ひろし)
1976年九州大学教育学部卒業。1978年九州大学大学院教育学研究科修士課程修了。1981年九州大学大学院教育学研究科博士課程単位満了中退。九州大学教育学部助手を経て、現在、活水女子大学文学部教授。医学博士。

このページのトップへ

内容説明

著者の40年以上の臨床経験をもとに、現代女性の心がどのように発達しているのかを様々な側面から解明。また、青年期女子の心の問題の特徴と治療について事例をもとに詳解。

このページのトップへ