ホーム > 腐女子の心理学

腐女子の心理学

彼女たちはなぜBL(男性同性愛)を好むのか?

腐女子の心理学

「腐女子」とは何者なのか? 大学生1万人以上の統計調査をもとに、その客観的な姿と心理を分析する。

著者 山岡 重行
ジャンル 心理 > 社会心理
教科書 > 参考図書 > 心理
出版年月日 2016/06/10
ISBN 9784571250453
判型・ページ数 A5・272ページ
定価 本体3,500円+税
 

目次

序章 問題「オタクと腐女子」
 第1節 腐女子とBL
 第2節 オタクの歴史
 第3節 腐女子の歴史
 第4節 オタクと腐女子の関係
 第5節 腐女子とBL志向に関する先行研究

第1章 オタクや腐女子はどのような人物なのか?
 研究1「オタクと腐女子の基本的行動傾向」

第2章 オタクや腐女子はコミュニケーション能力が低いのか?
 研究2「オタクと腐女子のコミュニケーション能力」

第3章 オタクや腐女子の外見は「残念」なのか?
 研究3-1「オタクのファッションイメージと外見の不満」
 研究3-2「オタクの体型とダイエット意識」
 研究3-3「オタクのオシャレ意識」

第4章 オタクと腐女子のイメージを比較する
 研究4-1「腐女子イメージの比較」
 研究4-2「腐女子イメージとオタクイメージの比較」

第5章 オタクと腐女子の恋愛意識
 研究5-1「オタクと腐女子の交際経験率」
 研究5-2「オタクと腐女子の異性不安」
 研究5-3「オタクと腐女子の恋愛観」

第6章 オタクと腐女子の大学生活
 研究6「オタクと腐女子の大学生活満足度」

第7章 オタクの/腐女子の自己表象
 研究7「オタクと腐女子のアタッチメント」

第8章 腐女子はBLに何を求めるのか?
 研究8「オタクと腐女子の純愛物語志向性」

第9章 腐女子は猟奇的で異常な描写を好むのか?
 研究9「腐女子の猟奇愛物語志向性」

第10章 腐女子はなぜ現実をBLとして妄想するか?
 研究10「腐女子のBL妄想」

第11章 オタクや腐女子の趣味と幸福感
 研究11-1「オタクと腐女子のQOL」
 研究11-2「オタクと腐女子の受動的幸福感」

第12章 総合考察
 第1節 研究結果のまとめ
 第2節 オタクと腐女子の共通点・相違点
 第3節 オタクの変態性
 第4節 腐女子の変態性と「愛」の概念

第13章 腐女子とオタクの未来に向けて
 第1節 少女マンガの呪い
 第2節 少女マンガの呪いを解く方法
 おわりに 半径5メートルから現実世界を変える革命

Intermission
 社会科学としての腐女子研究
 社会的マイノリティとしての腐女子の心理学的研究
 趣味と幸福感
 「自分たちだけが正しい」と主張する人たち


[著者紹介]※初版刊行時のものです
山岡重行(やまおか・しげゆき)
博士(心理学)
専門:社会心理学・パーソナリティ心理学
臨床心理士
所属:聖徳大学心理学科

このページのトップへ

内容説明

「腐女子」とは何者なのか? オタクとはどう違うのか? 大学生1万人以上の統計調査をもとに、心理学の方法論でその客観的な姿を描く若者文化・サブカルチャー研究。

このページのトップへ