ホーム > 社会的養護とファミリーホーム Vol.7

社会的養護とファミリーホーム Vol.7  新刊

特集:家庭養護、知心剣

社会的養護とファミリーホーム Vol.7

家庭養育の課題を掘り下げる。特集「家庭養護、知心剣――ともに作り上げる家庭養育を全国に展開するために」。

著者 一般社団法人 日本ファミリーホーム協議会
『社会的養護とファミリーホーム』編集委員会
ジャンル 福祉 > 社会的養護
シリーズ 福祉 > 社会的養護とファミリーホーム
定期刊行物 > 社会的養護とファミリーホーム
出版年月日 2016/08/10
ISBN 9784571425066
判型・ページ数 B5・140ページ
定価 本体1,500円+税
 

目次

 巻頭寄稿 日本ファミリーホーム協議会――前史から未来へ(川名はつ子)
 第10回ファミリーホーム全国研究大会大分大会を終えて(大柳弘幸)

【特集】第10回ファミリーホーム全国研究大会報告
    家庭養護、知心剣――ともに作り上げる家庭養育を全国に展開するために
 記念講演 笑って愛して――弱さを絆に(山本万喜雄)
 基調報告 日本ファミリーホーム協議会平成27年度の取り組み(卜蔵康行)
        国連「子どもの権利条約」と日本のファミリーホーム(木ノ内博道)
 ◎あなたのコミュニケーション能力は“確か”ですか?――「コミュニケーション能力の向上」をめざして
  「里親」という専門家――子どもとの豊かな関係を築く方法としてのアサーション(林 眞帆)
  強い励ましとメッセージをもらい、大きな力を得た(山本節子)
 ◎子どもに怒る、失望する、諦める、その前に――養育の実践から 子どもたちの問題行動
  日々の生活が子どもたちを変える(河島昭彦)
  守るべきルールは何回も何回も繰り返し教えていく(阿南雄二郎)
  優等生でなくてもいいから(伊藤英夫)
  必要なのは子どもの心への寄り添いでありピアサポート(岩本 健)
 ◎困った子、実は困っている子――養育者の気づきが子どもの人生を変える
  子どもの特性を共有できたことが力に(加藤純子)
  力を借りて取り組むなかで見えてくる解決策(吉野昭彦)
  種をまく支援を(三ケ田智弘)
  子どもが困っていることの本質を見抜くこと(藤原智美)
 ◎明日への旅立ちを、安心と自信をもって!――子どもたちの難しい自立に備えて
  「吉田ホームを応援する会」に支えられ(吉田菜穂子)
  子どもに安心と自信を与える=認めてあげることが大切(倉橋幸彦)
 ◎里親支援専門相談員の役割って何?――大分県の3年間の活動の歩み
  大分県の里親委託推進の取り組み(河野洋子)
  連携と協働、里親支援専門相談員の取り組み(大石香奈)
  里親支援専門相談員の役割を改めて問い直す(御手洗隆史)
 ●厚生労働省から行政報告 社会的養護の課題と将来像の実現に向けて(鈴木里香)

【特別企画】ファミリーホームと地域小規模児童養護施設――どこがどう違うのか
 東北取材 「かりんの家」を訪ねて(若狭一廣)
        「子どもの村東北」を訪ねて(佐賀 豪)
 コラム 子どもの村東北(伊藤奈美)
 鼎談 特別企画の取材を終えて――ファミリーホームの課題を考える(若狭一廣・伊藤龍仁・佐賀 豪)
 施設の小規模化と地域小規模児童養護施設の歴史・制度について(喜多一憲)
 樹心寮における地域小規模児童養護施設の実践――児童養護施設 樹心寮の歩み(山田大介)
 制度化から7年、ファミリーホームの今――その課題、そしてファミリーホームの多様化とこれから(卜蔵康行)
 地域小規模児童養護施設からファミリーホームの運営に(細田勝実)
 まとめにかえて――ファミリーホームとは何かを考えるために(伊藤龍仁)

 特別寄稿 日本の家庭養護推進の半ば、英国で考えたこと(上鹿渡和宏)
 ●情報の泉 児童福祉法改正と家庭的養護(佐賀 豪)
 ●法律相談Q&A(吉田雄大)
 ●お宅探訪 こんにちは! ファミリーホーム(藤林 誠さん/江木広海さん)
 ●図書案内 書評(萬屋育子)

このページのトップへ

内容説明

第10回ファミリーホーム全国研究大会報告「家庭養護、知心剣」を特集。特別企画は「ファミリーホームと地域小規模児童養護施設――どこがどう違うのか」。取材報告・鼎談ほか収録。

このページのトップへ