ホーム > 発達心理学のこころを学ぶ

発達心理学のこころを学ぶ

心理学入門〈対話篇〉

発達心理学のこころを学ぶ

これから発達心理学を学ぶ人に、子どものこころと発達について学ぶ意味を、心理学者と学生の対話篇で教示。

著者 田丸 敏高
ジャンル 心理 > 発達心理
教科書 > 参考図書 > 心理
出版年月日 2016/10/15
ISBN 9784571230561
判型・ページ数 4-6・204ページ
定価 本体1,600円+税
 

目次

第1章 「と」の話――発達心理学とは何か
第2章 文学と科学
第3章 子どもの心と台風の目
第4章 変化と関係
第5章 子どもの視点
第6章 発達の時期区分
第7章 現象と本質
第8章 大人の自己中心性
第9章 子どもの思考――「のに」と「から」
第10章 青年の思考――抽象化と具体化
第11章 ことばの威力
第12章 社会認識の発達
第13章 発達の段階と発達の危機
第14章 教育と発達
第15章 子どもの発達と人格
結びの章

[著者略歴]※初版刊行時のものです
田丸敏高(たまる・としたか)
1976年に東京大学教育学部を卒業後、同大学院博士課程に進学。1984年に鳥取大学教育学部に専任講師として赴任し、同助教授を経て、1993年より同教授。2011年より新設の福山市立大学教育学部教授(現在に至る)。

このページのトップへ

内容説明

これから発達心理学を学ぼうとする学生や教育者・保育士に向けて、心理学とは何か、子どものこころとその発達について学ぶ意味とは何かを、心理学者と学生の対話篇で教示。

このページのトップへ