ホーム > 生きる力を育む生徒指導

生きる力を育む生徒指導  新刊

生きる力を育む生徒指導

生徒指導の重要概念や教師が直面する具体的な問題について解説。平成29年告示学習指導要領に対応。

著者 藤田 主一 編著
齋藤 雅英 編著
宇部 弘子 編著
市川 優一郎 編著
ジャンル 教育 > 生徒指導・進路指導・道徳教育
教科書 > 教育 > 生徒指導・道徳教育
出版年月日 2018/04/25
ISBN 9784571101847
判型・ページ数 A5・192ページ
定価 本体2,300円+税
 

目次

第1章 生徒指導の意義と課題
 第1節 学校教育と生徒指導
 第2節 生徒指導の歴史的変遷
 第3節 生徒指導の基本と課題

第2章 教育課程と生徒指導
 第1節 生徒指導の2面性
 第2節 教育課程に果たす生徒指導の役割
 第3節 道徳教育と生徒指導
 第4節 「総合的な学習の時間」と生徒指導
 第5節 「特別活動」と生徒指導

第3章 児童生徒理解
 第1節 児童期の心理的特徴
 第2節 青年期の心理的特徴
 第3節 児童生徒理解の資料とその収集方法

第4章 生徒指導体制
 第1節 生徒指導体制を整える
 第2節 生徒指導主事
 第3節 年間指導計画
 第4節 教員研修
 第5節 指導要録
 第6節 生徒指導体制の課題
 第7節 生徒指導の評価

第5章 生徒指導の進め方
 第1節 組織的対応
 第2節 生徒指導における教職員の役割
 第3節 守秘義務と説明責任

第6章 問題行動
 第1節 問題行動のとらえ方
 第2節 問題行動の実態
 第3節 問題行動の早期発見の方法
 第4節 効果的な指導方法
 第5節 問題行動の予防策

第7章 暴力行為
 第1節 暴力行為とは
 第2節 校内暴力
 第3節 家庭内暴力
 第4節 体罰

第8章 いじめ
 第1節 いじめのとらえ方
 第2節 いじめ発生の背景
 第3節 いじめの予防
 第4節 いじめ問題発生時の対応
 第5節 インターネットを使ったいじめの発見と対応
 第6節 教職員のいじめ防止に向けた具体的なポイント

第9章 不登校
 第1節 不登校の背景
 第2節 不登校の実態と態様
 第3節 不登校への対応と支援
 第4節 適応指導教室(教育支援センター)の活用

第10章 発達障害と特別支援教育
 第1節 特別支援教育の概要
 第2節 通常の学校における特別支援教育
 第3節 発達障害
 第4節 発達の特性に合わせた生徒指導
 第5節 特別支援教育と生徒指導

第11章 キャリア教育と進路指導
 第1節 キャリア教育とは
 第2節 進路指導
 第3節 キャリア教育に関連する事項

第12章 教育相談
 第1節 教育相談とは
 第2節 教育相談の進め方

第13章 生徒指導における連携
 第1節 「生きる力」を育むための連携・協働
 第2節 子どもの権利条約と子どもにやさしいまちづくり
 第3節 学校と家庭、地域の連携・協働のあり方
 第4節 連携活動における関係機関の種類と役割

第14章 学校安全の推進
 第1節 学校安全の意義
 第2節 学校を取り巻く安全課題
 第3節 児童生徒を取り巻く危険
 第4節 生徒指導における安全教育

第15章 生徒指導に関する法制度
 第1節 校則
 第2節 懲戒と体罰
 第3節 出席停止
 第4節 青少年の保護育成法令
 第5節 少年法と非行少年の処遇


[執筆者一覧]※所属は初版刊行時のものです
藤田主一  日本体育大学スポーツ文化学部
齋藤雅英  日本体育大学スポーツ文化学部
宇部弘子  日本体育大学児童スポーツ教育学部
市川優一郎 日本体育大学体育学部
森嶋昭伸  前日本体育大学児童スポーツ教育学部
森  徹  前日本体育大学児童スポーツ教育学部
堀 洋元  大妻女子大学人間関係学部
白旗和也  日本体育大学体育学部
後藤 彰  日本体育大学スポーツ文化学部
佐々木史之 環太平洋大学短期大学部
松平昭二  日本体育大学体育学部
三村 覚  大阪産業大学スポーツ健康学部
半田勝久  日本体育大学体育学部
門屋貴久  松山大学法学部
三好仁司  日本体育大学体育学部

このページのトップへ

内容説明

生徒指導の重要概念や教師が直面する具体的な問題について解説しながら、教育相談や進路指導などとの関係の中に生徒指導を位置づける。平成29年告示学習指導要領に対応。

このページのトップへ