ホーム > お知らせ > 【受講者募集】福村出版 心理臨床公開セミナー「パーソナリティ障害」

【受講者募集】福村出版 心理臨床公開セミナー「パーソナリティ障害」

福村出版主催 心理臨床公開セミナー
 
パーソナリティ障害
 
 パーソナリティ障害は、愛着の問題などの生育史的要因の影響を強く受けて発展し、うつ病や嗜癖、その他多くの精神疾患に高頻度で併存し、それらの病態を複雑にしている重要な要因です。そしてそれは、取り扱いがやっかいなことがあるものの、心理療法などの治療において、新しい考え方によって大きく恩恵を受けている精神障害でもあります。
  本セミナーは、林直樹先生の講義「パーソナリティ障害に着目したケースフォーミュレーションと心理療法の進展」と、堀越勝先生の助言を加えて進められる2つの事例検討を組み合わせて実施されます。このセミナーでは、臨床的な評価や心理療法などの治療を検討する中で、パーソナリティ障害についてどのような考え方が妥当であるかについて、参加の皆さまと一緒に考えていきたいと思います。

林直樹先生
 
講師:林 直樹(はやし なおき)先生
(帝京大学医学部教授/医学博士・精神科医)

ゲスト・コメンテーター
堀越 勝 (ほりこし まさる)先生
(国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター長)
 
ファシリテーター
野村俊明 (のむら としあき)先生
(日本医科大学医療心理学教室教授)
 青木紀久代 (あおき きくよ)先生
(お茶の水女子大学基幹研究院准教授)


【プログラム】
第1部(午前の部)
講 義
「パーソナリティ障害に着目したケースフォーミュレーションと心理療法の進展」
(林直樹先生)


第2部(午後の部)

事例検討Ⅰ
「あるOCD患者の治療における面接時間の変更と治療関係の推移について」
(三宅浩司先生/帝京大学医学部附属病院
メンタルヘルス科)

事例検討Ⅱ

「慢性の痛みを訴えるクライエントに対する認知行動療法によるアプローチ」
(髙岸百合子先生/駿河台大学心理学部)



日 時:
2018年1月21日()10:00~16:30 (受付9:30~)
 
会 場:ユニゾ御茶ノ水ビル(旧常和御茶ノ水ビル)
    2階 カンファレンスルーム1

      〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-18
      <アクセス> ※詳しい道順はチラシをご覧くださいセミナーチラシ(pdf)
     J   R◎中央線・総武線:御茶ノ水駅[御茶ノ水橋口]徒歩1分
     地下鉄◎丸ノ内線:御茶ノ水駅[2番出口]徒歩2分
           千代田線:新御茶ノ水駅 [B1出口]徒歩3分

定 員:80名(定員になり次第締め切ります)

参加費:8,000円(税込み)

申し込み方法:事前に福村出版(心理臨床公開セミナー係)にお申し込みください。
  e-mail:seminar●fukumura.co.jp (●を@に置き換えてください)
  FAX:03-5812-9705
   ※チラシの申し込み用紙をご利用ください。セミナーチラシ(pdf

お申し込みの際、氏名・所属・住所・TEL・e-mailアドレスをお知らせください。また、講師に事前に伝えておきたいメッセージや質問などがございましたら、お書き添えください。


◎本セミナーは、(公財)日本臨床心理士資格認定協会の定める臨床心理士資格更新ポイントの対象となる研修会です。
 
お問い合わせ:福村出版 心理臨床公開セミナー係
TEL:03-5812-9702
e-mail:seminar●fukumura.co.jp (●を@に置き換えてください)

このページのトップへ